カクテルの作り方【ビルドのやり方】ビルドの手順・ポイント総まとめ

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

「ビルドのやり方のコツって何かあるの?」

「いまいち上手にビルドでカクテルがつくれない。」

仕事としてカクテルをつくって提供したことがない人からすれば、美味しいカクテルの作り方がいまいちピンとこない

ということがあると思います。

今回は、誰でも簡単に美味しいカクテルをつくるために、ビルドの手順を分かりやすくまとめました。

 

そもそもビルドって何?

という方は、こちらの記事で詳しく解説しているので参考までにどうぞ。

ビルドについて徹底解説
カクテルの作り方【ビルドとは?】ステアとの違い・ポイントを徹底解説

「カクテルづくりで、ステアはよく聞くけど、ビルドって何?」 「ビルドでつくれる簡単なカクテルを知りたい。」 カクテルをこれから作りたいと思っている方、作り方がいまいちわからないという方に向けて、 今回 ...

続きを見る

 

元バーテンダーのりまくぼです。

ビルドでつくる代表的なカクテルとしては、ジントニックやハイボールなどがあります。

ハイボールはウィスキーのソーダ割。

多くの方がご存じかと思います。

普段は、家や居酒屋で飲むことがほとんどかと思いますが、本格的なバーで働いていたものからすれば、

居酒屋のハイボールやジントニックなどのカクテルは、正直美味しくないです

 

なぜ美味しくないのでしょうか?

それは、美味しい作り方を知らないからです。

 

私自身、居酒屋は大好きです。

お酒を飲みながら美味しい料理が楽しめる。

ただ一つ残念なのが、ほとんどの居酒屋で飲むカクテルが、

炭酸が抜けている。ちゃんと混ざっていない。分量がテキトウ。

料理は美味しいのに~!!

ということが度々あります。

 

簡単なポイントさえおさえておけば、誰でも美味しいハイボールやジントニックはつくれます。

それをお伝えしていきたいと思います。

美味しいカクテルをつくるビルドの手順

ビルドは、炭酸系・水割り、果汁系・プレミックス・フロートの4つのタイプに分けることができます。

それぞれのタイプによって、注意すべきポイントが異なるので、一つ一つフォーカスして解説します。

炭酸系のカクテルをビルドでつくる

ハイボール・ジントニック・モスコミュールなど。

ハイボール

step
1
氷を入れたグラスに、ウィスキーを注ぐ。

お酒を注ぐ

step
2
軽くステアして、ウィスキーを冷やす。

ステア

ステアせずに炭酸水を注ぐ。 ⇒ Bad✖

炭酸水は、ステアをしたあとに注ぐ。 ⇒ Good!◎

ココがポイント

炭酸水は、温度差があればあるほど炭酸が抜けてしまいます。

ウィスキーを冷やして温度を下げることで、炭酸が抜けにくくなります。

 

step
ステアし終えたら、ウィスキーと氷が重ならないようにスキマがある状態にします。

ビルドの手順

グラスと氷の間にスキマがない。 ⇒ Bad✖

スキマがなければ、つくる。 ⇒ Good!◎

プロのバーテンダーは、スキマができないように氷を組み立てます。

ココがポイント

炭酸水を氷に当てず、直接ウィスキーに注ぐためにスキマを開けます。

  • 炭酸水が氷に当たると、炭酸が抜けやすくなる。
  • 直接ウィスキーに注ぐと、対流によりウィスキーと炭酸水がよく混ざる。

 

step
炭酸水を注ぐ。

]

テキトウに炭酸を注ぐ。 ⇒ Bad✖

ゆっくり、氷に当てないように注ぐ。 ⇒ Good!◎

ココがポイント

氷の方が炭酸水よりも温度が低いです。

温度差で炭酸は抜けてしまうので、なるべく当てないようにゆっくり注ぎます。

ウィスキーと炭酸水の割合は、1:4くらいがちょうどいいです。

 

step
バースプーンで下から氷を一度持ち上げ、上下に1、2回動かす。

混ぜようと思って、何度も氷を動かす。 ⇒ Bad✖

混ぜるのは上下に1、2回だけ。 ⇒ Good!◎

ココがポイント

氷に当てないように炭酸水を注いだ時点で、ある程度混ざっています。

最後に氷を持ち上げて、上下に1,2回動かすだけで、完全に混ぜることができます。

 

step
バースプーンを抜いて完成。

バースプーンを乱暴に抜く。 ⇒ Bad✖

炭酸が極力抜けないよう、ゆっくりと抜く。 ⇒ Good!◎

ココがポイント

衝撃により、炭酸は抜けてしまいます。

バースプーンは、炭酸が抜けないように静かに抜きます。

ビルド完成

 

水割り、果汁系のカクテルをビルドでつくる

ウィスキーの水割り・スクリュードライバー・ソルティドックなど。

ウィスキーの水割り

step
1
氷を入れたグラスにウィスキーを注ぐ

 

step
氷に当てないように冷水を注ぐ

テキトウに水を注ぎ、直接氷に当てる。 ⇒ Bad✖

氷をよけながら、直接ウィスキーに注ぐ。 ⇒ Good!

ココがポイント

ウィスキーに直接水を加えると、対流が起きてよく混ざります。

水が常温だと氷が溶けやすく、冷水だと氷が溶けにくいため、材料は冷えたものがいいです。

ウィスキーと水の割合は、1:2.5くらいがちょうどいいです。

水は、硬水よりも軟水の方が、ウィスキーの風味が引き立ちます。

 

step
バースプーンで丁寧に混ぜる。

テキトウに乱雑に混ぜる。 ⇒ Bad✖

丁寧に混ぜる。 ⇒ Good!

ココがポイント

ウィスキーの水割りは、ひとつのカクテルという意識を持ちます。

ウィスキーと水を、均等に混ぜ合わせるため、波打たないように丁寧に混ぜます。

回数は3~6回程度で、薄まりすぎず、キチンと混ざります。

 

カクテルをプレミックスでつくる

プレミックス・・・あらかじめ材料を混ぜ合わせておくこと。

ネグローニ・ラスティネイル・フレンチコネクションなど。

ネグローニ

step
1
プレミックス用グラスに材料を注ぐ。

ココがポイント

粘度の高い材料は、普通のビルドでは、混ぜ合わせるのに時間がかかります。⇒ 氷が解けて味が薄くなる。

氷の入ったグラスに順番に材料を注ぐより、あらかじめ別のグラスで材料を混ぜることで、氷が解けて薄まるのを最小化します。

 

step
スワリングする。(グラスを回す)

ココがポイント

グラスをスワリングし回すことで、材料を混ぜる。 + 空気に触れさせます。

空気に触れることで、閉じこもっていた香りが開きます。

 

step
プレミックスした材料を、氷の入ったグラスに注ぐ。

 

step
ステアする。

プレミックスしてあるので、材料が冷えれば完成です。

 

カクテルをフロートしてつくる

ウィスキーフロート・アメリカンレモネード・レインボーなど。

ウィスキーフロート

step
1
氷を入れたグラスに冷水を注ぐ。

水が常温。 ⇒ Bad✖

冷水。 ⇒ Good!

ココがポイント

水が常温だと、氷が溶けやすいのでなるべく冷水を使用します。

硬水よりも軟水の方が、ウィスキーの味を引き立たせます。

 

step
バースプーンで一度ステア。

ステアせずにウィスキーを注ぐ。 ⇒ Bad✖

ウィスキーを注ぐ前にステア。 ⇒ Good!

ココがポイント

氷と冷水の温度は異なります。

温度が違えば氷が溶けやすくなるため、ステアし、氷と冷水の温度を合わせます。

 

step
バースプーンをつたわせ、静かにウィスキーを注ぐ。

勢いよく、直接ウィスキーを注ぐ。 ⇒ Bad✖

静かにバースプーンをつたわせながらウィスキーを注ぐ。 ⇒ Good!

ココがポイント

バースプーンの腹側を、水の表面の位置に持っていき、ウィスキーをゆっくり注ぎます。

裏よりも腹側の方が、量の加減がしやすいです。

水の方がウィスキーよりも比重が重いため、軽いウィスキーが沈まずに表面に浮かびます。

まとめ

ビルドの詳しい手順について、解説してきました。

<炭酸系カクテル>

  • 炭酸水は、温度差があればあるほど炭酸が抜ける。 ⇒ ステアでお酒を冷やし温度を下げる。
  • 炭酸水が氷に当たると炭酸が抜ける。 ⇒ グラスと氷の間にスキマを開ける。
  • 直接お酒に炭酸水が注がれると、対流でよく混ざる。 ⇒ 炭酸水を注ぐときは、氷に当てないように注ぐ。
  • ウィスキーと炭酸水の割合 ⇒ 1:4
  • かき混ぜすぎると炭酸が抜ける。 ⇒ かき混ぜるときは上下に1,2回。

<水割り・果汁系カクテル>

  • 割材が常温だと、氷が解けて水っぽくなりやすい。 ⇒ 割材は、なるべく冷やしておく。
  • 割材を注ぐとき、お酒に直接当てるとよく混ざる。 ⇒ 割材は氷に当てないように注ぐ。
  • お酒と割材を乱雑に混ぜると、均一に混ざらない。 ⇒ ステアするときは、波打たないよう丁寧に混ぜる。

<プレミックス系カクテル>

  • 粘度の高い材料は混ざりにくい。 ⇒ あらかじめプレミックスで材料を混ぜておく。
  • お酒は空気に触れると香りが開く。 ⇒ プレミックスした後、スワリングする。

<フロート系カクテル>

  • 材料の比重が違う場合、ゆっくり注ぐと混ざらない。 ⇒ バースプーンをつたわせ、ゆっくりとお酒を注ぐ。
  • 材料を注ぐとき、バースプーンの腹側の方が量をコントロールしやすい。 ⇒ バースプーンの腹側をつたわせる。

 

これらのポイントをおさえて、家でつくる方は自宅で、飲み屋で働いている方は職場でつくってみると、格段に美味しいカクテルに仕上げることができます。

カクテルづくりの参考になれば幸いです。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテルの作り方
-

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.