銅マグの画像。

銅マグのメリット・デメリット・手入れ方法・Cooper100を使った感想レビュー

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

通常カクテルをつくる際には、カクテルグラスやタンブラーなどが使用されます。

カクテルによってどんなグラスを使用するのか決まりますが、銅製のマグカップを使用して提供されるカクテルがあります。

モスコミュール」です。

モスコミュールをつくるとき、本格的なバーでは必ずと言っていいほど銅製マグカップ(銅マグ)が使われます。

そこで今回は、モスコミュールをつくるなら1つは持っておきたい銅マグについて紹介します。

銅マグのメリットやデメリット、手入れ方法、実際に使ってみた感想を詳しくお伝えします。

 

銅マグのメリット

銅マグの画像。

銅マグ=銅製マグカップ

1.熱伝導率がいい

銅は熱伝導率がいいため、冷たい飲み物を注ぐとすぐにカップ自体も冷えます

暑い日に冷たいコーヒーやお酒を飲むとき、ひんやりとした手触りと、カップを口につけたときのひんやり感はたまりません。

逆に暑い飲み物を入れるとカップも熱くなるので要注意。

 

2.抗菌仕様

銅は殺菌効果があるため、微生物やウイルス、細菌の繁殖をおさえてくれます

ある実験で、インフルエンザウイルスを銅の表面に接触させたところ、1時間後には約75%のウイルスが死滅し、6時間後には0.025%まで減少した結果が出ています。

また、アメリカの環境保護庁は2008年に「銅・真鍮・ブロンズなどは人体に有害な致死性のある病原体を殺菌し、公衆衛生に効果がある」と発表しています。

下水処理や硬貨でも銅が使用されており、銅マグでドリンクを飲むのは、少なからず健康にもよさそうですね。

 

銅マグのデメリット

銅の画像。

結露

熱伝導率がいいためカップが冷えますが、その分結露で水滴がカップにたくさん発生します。

カップの底が濡れやすく、コースターもびしょびしょに。

 

氷が溶けやすい

熱伝導がよくてよく冷える分、氷が溶けるのも早く薄まりやすいです。

 

変色

銅は使ううちに色が変わっていきます。

銅マグは火にかけることがなく、入れるものも飲み物なので変色しにくいですが、それでもグラスと違い錆びることもあります。

定期的な手入れが必要です。

 

新光金属 Cooper 100 10oz

銅マグカップは比較的値段が高いですが、このブランドは他のよりもリーズナブルです。

サイズがいくつかあります。(1oz・・・約3ml)

  • 10oz・・・約300ml
  • 12oz・・・約360ml
  • 16oz・・・約480ml

製品によって多少誤差はあるようです。

写真は、10ozの銅マグでつくったモスコミュールです。

個人的にはこのサイズでちょうどいいですが、もう少し量が入る12ozでもいいと思います。

16ozは大きすぎる気がしますね。

完成したウォッカカクテル、モスコミュールの画像。

 

銅マグのカクテルと言えばモスコミュール

生姜入りモスコミュールの画像。

ウォッカベースのカクテルでお馴染みのモスコミュール。

本格的なバーでは必ずと言っていいほど、銅マグで提供されます。

その理由はご存知ですか?

元々ウォッカのブランド「スミノフ」が販売促進のために、銅マグメーカーと手を組んで、スミノフウォッカとジンジャービアを銅マグに注いでつくったのが、モスコミュールの始まりだと言われています。(説は他にもあります)

そのため、モスコミュールをつくるときは銅マグを使用することが多いです。

 

1個は持っておきたい銅マグ!

銅マグで飲み物を飲むと、清涼感があり高級感もでてくるので、それだけで気分を上げてくれます。

暑い日はキンキンに冷えたものがいいですよね。

モスコミュールなどのカクテルだけでなく、ビールやアイスコーヒー、ジュースを飲むときにもおすすめです。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-Review
-

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.