ビルドを徹底解説するイメージ画像。

カクテルの作り方【ビルドとは?】ステアとの違い・ポイントを徹底解説

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

「カクテルづくりで、ステアはよく聞くけど、ビルドって何?」

「ビルドでつくれる簡単なカクテルを知りたい。」

カクテルをこれから作りたいと思っている方、作り方がいまいちわからないという方に向けて、

今回は、カクテルづくりの基本「ビルド」という技法について徹底的に解説していきます。

 

元バーテンダーのりまくぼです。

バーテンダーになる前までは、バーに2,3回しか行ったことがなかったため、ジントニックの作り方すら知りませんでした。

そんな素人の自分が、バーテンダーとして働くようになり、最初に教えてもらったカクテルは、ビルドという技法でつくったカクテルでした。

一見、シンプルなこの技法ですが、

  • ビルドでカクテルをつくる意味。
  • なぜビルドでなければいけないのか?

など、きちんと理解していなければ、プロ並みの美味しいカクテルは作れません。

逆に、しっかり理解さえできれば、プロ並みの美味しいカクテルを、素人でも簡単につくることができます。

 

是非、今回の記事を最後まで読んで、ご自分で美味しいカクテルをつくってみましょう!!

ビルドとは?

ビルド・・・グラスに直接材料を注ぎ、カクテルを作る技法。

カクテルをつくる技法には、ビルド・ステア・シェイク・ブレンドの4種類が代表的です。

この4種の中で最も簡単な技法になります。

ビルドの意味

バーテンダーがビルドする画像。

ビルドは、グラスに直接材料を注ぐ技法ですが、なぜそのような作り方をするのでしょうか?

答えはシンプルで、それが一番合理的だからです。

カクテルにはジントニックやマティーニ、ホワイトレディなど色々ありますが、ジントニックをステアやシェイクでつくることはできません。

なぜなら、炭酸が抜けてしまうからです。

逆にマティーニをビルドでつくることもできないのです。

ビルドでつくるカクテルを考えるときに大事なのは、

ココがポイント

比較的混ざりやすい材料同士でつくる!

ということです。

お酒や副材料のジュースは、それぞれ重さや粘度が違います。

重さが軽ければ混ざりやすい重たければ混ざりにくい

粘度が低ければ混ざりやすい、粘度が高ければ混ざりにくい

例えば、アイスコーヒーにガムシロップを入れると、混ざるのに時間がかかります。

それは、ガムシロップがコーヒーよりも重たく、粘度が高いからです。

このことを知っているのと知らないのでは、カクテルをつくるときに大きく変わってきます。

常に念頭に置いておきましょう。

 

ビルドとステアの違い

ビルドとステアのイメージ画像。

どちらの技法も、バースプーンでお酒を混ぜますが、混ぜる目的が違います。

ビルド ⇒ お酒を混ぜる。

ステア ⇒ お酒を混ぜる。+冷やす

 

ビルドは混ぜるのが目的ですが、ステアは冷やすという目的が追加されます。

具体例で示すと、より分かりやすいと思います。

ハイボール

ウィスキーのカクテル、ハイボール。

ビルドでつくる代表的なカクテルに、ハイボールがあります。

ハイボールは、グラスに直接、ウィスキーと炭酸を注ぎ軽く混ぜます

冷やす目的でかき混ぜすぎると、炭酸がなくなってしまう

のは一目瞭然です。

そのため、ステアではなく、ビルドでつくるのです。

 

マティーニ

マティーニを注ぐ画像。

ステアでつくる代表的なカクテルには、マティーニがあります。

ジンとベルモットという、お酒同士をミキシンググラスでまぜて、カクテルグラスに注ぎます

お酒とお酒は混ざりにくいため、グラスに直接注ぐと、しっかり混ざらずに味がばらばらになります。

そのため、あらかじめミキシンググラスでステアした後に、別のグラスに注ぐのです。

 

ビルドの技法4種

4つのタイプのビルドの画像。

ビルドでつくるカクテルはたくさんありますが、大きく4つのタイプに分けることができます。

タイプによって、ビルドの仕方が違ったり、材料の扱い方が変わるので、整理しておきます。

  1. 炭酸タイプ
  2. 水割り・果汁割りタイプ
  3. プレミックスタイプ
  4. フロートタイプ

 

1.炭酸タイプ

ビルドする画像。

炭酸水・トニックウォーター・ジンジャエールなどの、炭酸が入ったのどごしさっぱりな清涼感のあるカクテルです。

炭酸は氷にあてないよう注意し、炭酸が抜けないように混ぜます。

(例)ハイボール・ジントニック・モスコミュール

 

2.水割り・果汁割りタイプ

ステアする画像。

お酒を、水やオレンジジュースなどの果汁で割る、飲みやすいカクテルです。

果汁や粘度の高いリキュールはグラスの底に沈みやすいので、注ぐ際は氷にあてないようにし、よく混ぜます。

(例)スクリュードライバー・カシスオレンジ・ソルティドック

 

3.プレミックスタイプ

スイートベルモットを注ぐ画像。

オンザロックスのカクテルに用いられる技法で、あらかじめ別のグラスで全ての材料を合わせます。

混ざりにくい材料や、香りを開かせたいときに使います。

(例)ネグローニ・ラスティネイル・フレンチコネクション

わかりにくければこちらの記事を参照ください。ネグローニをプレミックスでつくりました。

完成したジンカクテル、ネグローニの画像。
ネグローニ~ジンとカンパリで甘口の大人気カクテル~

世界で人気のカクテルのひとつですが、日本ではあまりなじみがないかもしれません。 度数が強くて甘いこのカクテルが、海外の人々から高く評価されています。   目次 ネグローニの由来ネグローニのレ ...

続きを見る

 

3.フロートタイプ

シェイクした生クリームを注ぐ画像。

グラデーションを演出する技法で、材料の比重の差を利用するカクテルです。

水の上にお酒を浮かべたり、酒の上に酒を重ね合わせたりします。

(例)ウィスキーフロート・アメリカンレモネード・レインボー・B&B・ホワイトルシアン

わかりにくければ、こちらの記事を参照ください。B&Bというカクテルをフロートスタイルでつくりました。

完成したブランデーカクテル、B&B。
B&B~寝酒にピッタリ!ブランデーのナイトキャップカクテル~

今回は、B&Bというカクテルを紹介します。 ブランデーベースのこのカクテルは、度数が強くて甘い味わいで、寝る前に飲みたい一杯です。   目次 B&Bの由来B&BのレシピB&Bのつくり ...

続きを見る

 

ビルドで使う道具

一番簡単な技法「ビルド」でカクテルをつくるとき、必要な道具は3つのみです。

1.メジャーカップ

バーテンダーがメジャーカップを扱う画像。

お酒を注ぐときの分量を量るときに使います。

メジャーカップは正直、あってもなくてもどちらでも大丈夫です。

メジャーカップで量った方が、正確で、見た目もカッコイイです

【バーツール】カクテルをかっこよくつくるおすすめ【メジャーカップ】まとめ

カクテルづくりにおいて、シェイカーやバースプーンは必要不可欠ですが、 メジャーカップはあってもなくても、どちらでもいい道具です。 なぜなら、料理等でも使う計量器があれば、分量は測れるからです。 しかし ...

続きを見る

 

2.バースプーン

バーテンダーがバースプーンを扱う画像。

ビルドの際になくてはならないのがバースプーンです。

バースプーンは、普通のスプーンよりも柄が長く、らせん状になっているため、回しやすくなっています

使い方は練習しなければ難しいですが、ちゃんと扱えれば、プロのようなカクテルがつくれます。

 

3.グラス

女性がグラスを差し出す画像。

グラスは色々な種類がありますが、ビルドのカクテルに使用するのは、コリンズグラス・タンブラーグラスなどと呼ばれる縦長のグラスを使用することが多いです。

また、ロックグラスでつくることもあるので、できれば揃えておきましょう。

高いグラスでなくとも、100均に行けば大体揃えれます。

100均グラスといいグラスの違いを知りたい方は、こちらの記事で解説しています。

【目からうろこ】100円のグラスと1万円のグラスの違い

お酒を飲むとき、ほとんどの人がグラスに注いで飲みますよね。 ワイングラスやロックグラス・カクテルグラスなど色々な種類があります。 値段も安いものから高いものまであり、100均にも薄い飲み口のグラスが店 ...

続きを見る

 

ビルドの総まとめ

カクテルをつくる女性バーテンダーの画像。

ビルドについて、詳しく解説していきました。

もう一度おさらいしていきます。

  • ビルド ⇒ グラスに直接注いでカクテルをつくる技法。
  • ビルドでつくるカクテル ⇒ 比較的混ざりやすい材料を使う。
  • ビルドとステアの違い ⇒ ビルドは混ぜる/ステアは混ぜる+冷やす。
  • ビルドの技法4種 ⇒ 1.炭酸タイプ/2.水割り・果汁割りタイプ/3.プレミックスタイプ/4.フロートタイプ
  • ビルドで使う道具 ⇒ 1.メジャーカップ/2.バースプーン/3.縦長のグラス

ビルドに関しては、これらのポイントをおさえておけば大丈夫です。

カクテルづくりの基本であるビルドは、しっかり覚えておきましょう!!

 

カクテルのつくり方関連記事

カクテルの作り方【ステアとは?】シェイクとの違い・ポイントを徹底解説

「カクテルづくりで、ステアって聞くけどよくわからない」 「ステアでつくるカクテルって何があるの?」 カクテルをこれから作りたいと思っている方、作り方がいまいちわからないという方に向けて、 今回は、カク ...

続きを見る

カクテルの作り方【シェイクとは?】シェイクの意味・ポイントを徹底解説

「バーテンダーがカッコよくシェイクしているのを見て、自分もやってみたい」 「シェイクの仕方がよくわからない」 カクテルといえば、シェイク。 けど、シェイクの仕方がよくわからない、シェイクについて解説し ...

続きを見る

ブレンドとは?
カクテルの作り方【ブレンドとは?】ブレンドの手順・ポイントを徹底解説

「フルーツのカクテルを簡単につくりたい。」 「フローズンカクテルをつくりたい。」 フローズンカクテルや生のフルーツを使ってカクテルをつくりたいときに、ブレンドという技法を使用します。 今回は、カクテル ...

続きを見る

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテルの作り方
-

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.