ジョン・ウォーカー&サンズの商品画像。

2021年2月17日発売!ジョン・ウォーカー&サンズ バイセンテナリー ブレンド【数量限定】

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

2021年2月17日に、MHD モエヘネシー ディアジオ株式会社が、ジョニーウォーカー200周年を記念して新商品を数量限定で発売しました。

  • ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリーエイト
  • ジョン・ウォーカー&サンズ バイセンテナリー ブレンド

上記2点を新たに発売したので、この記事では「ジョン・ウォーカー&サンズ バイセンテナリーブレンド」を紹介します。

ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリーエイトはこちら

ジョニーウォーカーレジェンダリーエイトの画像。
2021年2月17日発売!ジョニーウォーカーブルーラベル レジェンダリーエイト【数量限定】

続きを見る

 

ジョン・ウォーカー&サンズ バイセンテナリー ブレンド

ジョン・ウォーカー&サンズの商品画像。

出典:ジョニーウォーカーブランドHP

 

特徴

ジョン・ウォーカー&サンズ バイセンテナリー ブレンドは、ジョニーウォーカー6代目のマスターブレンダー「ジム・ビバレッジ氏」が、中国のお茶やイタリアのお菓子、ジャマイカの香料など世界中の豊かな食品と香りに包まれる200年前のジョン(創業者ジョン・ウォーカー)の食料雑貨店に思いをはせて特別にブレンドした商品です。

すでに閉鎖された蒸留所である「ポートエレン・ピティバイク・キャンバス」を含む28年以上熟成した原酒が使用されています。

希少性が高く、これまでにない味わいが楽しめます。

 

ちなみにバイセンテナリーは英語で200周年という意味です。

 

テイスティングノート

  • 香り:フルーツの芳醇さにスパイス、柔らかなスモークが調和して複雑。サルタナスレーズンやドライイチジク、かすかな砂糖漬けの生姜のあと、ベリー、ブラウンシュガーが覆います。
  • 味わい:はちみつとスパイスの層が現れた後、サルタナスレーズン、カカオ、ハーブの波が押し寄せ、やわらかなスモークが感じられます。
  • フィニッシュ:スイートスパイスが長く続く。

 

はちみつとスパイスの後にレーズンやカカオ、ハーブなので、甘くスパイシーな味わいでしょうか。

スモーキーさは控えめなようですね。

 

製品概要

  • 分類:ブレンデッドスコッチウィスキー
  • 容量:750ml
  • アルコール度数:46%
  • 希望小売価格:120,000円(税別)
  • 発売日:2021年2月17日(水) ※一部翌日以降から
  • 取り扱い:全国特定百貨店にて数量限定発売
  • ジョニーウォーカーHP:https://www.mhdkk.com/brands/johnnie_walker/blue/topics/12/

 

数量限定で希少性も高いですが、その分値段も高額。

これと比べると、同じ200周年記念でつくられた「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリーエイト」は安く感じます。

ウィスキーコレクターにはたまらない逸品です。

 

関連記事

ジョニーウォーカーレジェンダリーエイトの画像。
2021年2月17日発売!ジョニーウォーカーブルーラベル レジェンダリーエイト【数量限定】

続きを見る

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-News

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.